FC2ブログ

「XXXX」で英語学習 ディクテーション部

管理人のオンライン英語学習ノート(主にディクテした不完全スクリプト)  “好きな題材で楽しく続ける”がモットーです
表示中の記事
  • スポンサーサイト
  • 英語と日本語の特長について雑感
  • --年--月--日 (--)
  • --時--分--秒
  • この記事にはコメントできません。
  • この記事にはトラックバックできません。
  • 2009年06月19日 (金)
  • 21時16分29秒
by AlphaWolfy

スポンサーサイト 

[ --/--/-- --:-- ]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

英語と日本語の特長について雑感 

[ 2009/06/19 21:16 ]

書き言葉として見た時に、英語と日本語はどちらがどんな点で優れているのかな?とふと思ったので、つらつら書いてみます。(この記事は思ったことを漫然と書いただけで、専門的な根拠は一切ありません。ご注意下さい。)


1.分量
 同じ情報量の内容を日本語と英語で書いた時の分量(文字数)は、日本語の方が少なくて済む。これは多様に発達した表意文字である漢字のお陰。


2.明瞭性
 英語に軍配が上がると思う。語順に厳密な決まりが無い日本語は、修飾語の順序や読点の打ち方によって文章の意味が変わってしまうのに、文章を書く際にそこに注意を払う人は少ない為、その一文だけに注目した時に複数の受け取り方ができてしまう場合が多い。それに引き換え英語で書かれた文章には曖昧さが無い。


3.速読性
 1の分量に連動して日本語の勝ち。短い分速く読める。その分、前提知識として必要とされるデータベース(漢字の知識)は膨大になるけど。


こうして見ると、日本語の優れている部分は漢字に拠るところが大きい。とうことは話すよりは書き言葉に向いているのかもしれないけれど、残念なことに文法の曖昧さのせいで意味が一つに限定できる明瞭な文章を書くのは難しい。文法面では英語に劣るのかも。言いたいことを誤解されないように書くのは日本語よりも英語の方が簡単。


そう言えば、日本人や中国人・韓国人は、漢字を日常的に書いている為、アルファベット圏の人よりも手先が器用らしい。本当かなー。(単なる噂だったかもしれない)でもたしかにアルファベットなんてどれも超シンプルだものね。


[ 2009/06/19 21:16 ] 英語雑談 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
カレンダー・アーカイブ
カテゴリー
トランスクリプト(非公開)
DEATH NOTE
デスノート
 【注意点
(ANIME, 37 episodes long)
-1--2--3--4--5--6--7--8--9-10
11-12-13-14-15-16-17-18-19-20
21-22-23-24-25-26-27-28-29-30
31-32-33-34-35-36-37
デスノートの単語・熟語一覧

PRIDE AND PREJUDICE
高慢と偏見
 【注意点
(BBC DRAMA, 6 episodes long)
EP1 1--2--3--4--5--6
EP2 coming soon ...

MEET THE ROBINSONS
ルイスと時間泥棒
 【注意点
(DISNEY CGI FILM, 9 entries long)
--1--2--

MICHAEL JACKSON
マイケル・ジャクソン

(SHORT FILM)
THRILLER / SAY SAY SAY / GHOSTS
(Lyrics)
The Jacksons: Live "Movie and Rap"

最新のコメント
ブックマーク




 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。